ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話最終回 動画視聴 ネタバレあらすじ 無料

ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7(第7章)第7話『ドラゴンと狼 (原題:The Dragon and the Wolf)』。

今回、ターガリエン、ラニスター、スタークの軍が一堂に会する話し合いの場がもたれ、以前とは違う関係性になってしまった面々が複雑な再会を果たします。

また、いよいよドラマ内では初めてジョンの出生の秘密が明らかに。北の壁にも脅威が。

ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話の動画を視聴する方法とネタバレあらすじを紹介。

今すぐ【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン1~8の動画を無料視聴するには




【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン1~7(字幕・吹替)、シーズン8(字幕)の動画は"Amazonプライムビデオ"で無料視聴できます

⇒ ⇒ Amazonプライムビデオでゲームオブスローンズを無料視聴する

シーズン1~8の動画を無料で見る方法を詳しくまとめました。

⇒ シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

シーズン7 まとめ

第1話『ドラゴンストーン』
第2話『嵐の申し子』
第3話『女王の正義』
第4話『戦利品』
第5話『東の物見城』
第6話『"壁"の向こう』
第7話『ドラゴンと狼』

シーズン7 第7話 ネタバレあらすじ


第7話の予告。



デナーリス軍がキングズ・ランディングへ


城の前に穢れなき軍団が集結しています。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

戦闘の準備をしているラニスター軍。ブロンが兵士に指示をしています。

その様子を見ながら「ティリオンは弱者の王になった」と雑談交じりに会話をしているジェイミーとブロン。

城外にはさらにドスラクの大軍も登場。ブロンは「俺たちも弱者の立場になった」とぼやきます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ジョンとダヴォスたちも含めたデナーリス軍の幹部たちは船でキングズ・ランディングに上陸。

船内ではハウンドが捕らえたホワイトウォーカーの様子を確認しています。木箱に閉じ込められていますが、ハウンドが木箱と叩くと勢いよく暴れ出すホワイトウォーカー。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

サーセイはデナーリスの存在をクァイバーンに確認しますが、まだ到着していないとのこと。仲間やティリオンはドラゴンピットに。

出向く前、サーセイはマウンテンに、何かあれば、まずデナーリスを、次にティリオン、その次にジョン、後は好きな順番に殺しなさいと指示をします。

かつての仲間の再会


かつてドラゴンが閉じ込められていた闘技場”ドラゴンピット”へ向かうデナーリス以外のデナーリス軍。ティリオンとジョラーがドラゴンピットのいわれを説明しています。

そこへブロンの隊が現れます。サンサに命令されキングズ・ランディングへ向かっていたブライエニーとポドリックもその中に。

ティリオンはブロンやポドリックとは久しぶりの再会です。複雑な状況ながらティリオンとポドリックは再会を喜びます。

ハウンドとブライエニーも並んで会話をします。ブライエニーがアリアが生きていると告げると驚くハウンド。

アリアに護衛が必要だと言うブライエニーに「俺じゃない」と答えるハウンド。

ブロンはティリオンに「賞金首の裏切者2人の首が手に入る」と皮肉りますが、ティリオンは「会えて嬉しい」と返し、ブロンも「俺もだ」と答えます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ドラゴンピットでの会合


ブロンが案内しを、デナーリス軍とジョンたちが席へつきます。ブロンは会合の間に酒を飲もうとポドリックを連れていきます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ほどなくしてサーセイ、ジェイミー、ユーロン・グレイジョイ、クァイバーンらラニスターの幹部も現れます。かつての仲間に目をやる面々。

席につくと、ハウンドがラニスター軍の前に。マウンテンがサーセイの前に立ちます。

マウンテンに向かって「これで終わりだと思うな、兄貴」と言い放ち、ハウンドが下がります。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

デナーリスの到着が遅いことに対してイラ立っていたサーセイ。

するとドラゴンに乗ったデナーリスが現れます。巨大なドラゴンの姿に驚くラニスター軍。

サーセイが「待ってたのよ」というとお詫びを言うデナーリス。場は緊張で満ちており沈黙が続きます。

するとティリオンが立ち上がり話を始めようとすると、それを遮りユーロンがシオンに大きな声をかけます。俺に降伏しないとヤーラを殺すと。

ユーロンは立ち上がり前へ出て、次はティリオンに悪態をつきはじめますが、サーセイとジェイミーがそれを戒めます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話
ティリオンは休戦へ向かての話を続けます。サーセイが口を挟むとジョンも前へ出て話を始めます。死の軍団の脅威について。

死の軍団の存在を信じようとしないサーセイに「見せたいものがある」とティリオン。

ハウンドがホワイトウォーカーの入った木箱を抱えて現れます。蓋を開け木箱を蹴り倒すと中からホワイトウォーカーが現れ、そのまま走ってサーセイの目前へ。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

驚いたサーセイは思わずのけぞりますが、ハウンドが繋いだ鎖を引きホワイトウォーカーの動きを止めます。恐怖に怯えた顔を見せるサーセイ。

次はハウンドに襲い掛かりますが、ハウンドは剣でホワイトウォーカーの体を真っ二つに。上半身と下半身がバラバラになりますが、それでも動きを止めないホワイトウォーカー。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ハウンドは次にホワイトウォーカーの腕を切ります。それを手にとり訝しげな表情ながら興味深そうに眺めるクァイバーン。

ジョンは「火で退治できる」と言い、ホワイトウォーカーの腕に火をつけます。次に「ドラゴングラスでも退治できる」と言い、ホワイトウォーカーの体を差し、やっと動きを止めます。

そして、ジョンは「大いなる戦闘が到来した」とサーセイに告げます。デナーリスも「私も最初は疑ってたが、すべて見た」と続けます。

10万はいたと聞き驚くジェイミー。するとユーロンが立ち上がりホワイトウォーカーの元へ。「こんな恐ろしい奴は初めて見た。船団は撤退する」と言い、その場を去ってしまいます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

サーセイが話を始めます。「真の敵・死者を打ち破るまでは休戦に応じる」と。

ジョンたちがほっと一息をつくと、サーセイは「ただし、北の王は北の領地に戻りラニスターと争わず中立であること」という条件を告げます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

が、ジョンはすでにデナーリスに忠誠を誓ったから応じられないとサーセイに告げます。それを聞いたサーセイは怒り、席を立ち去ってしまいます。

続いてその場を去るジェイミーをブライエニー呼び止め、サーセイを説得するよう言いますが、応える気はないジェイミー。

ジョンの発言により結局破談となってしまいます。ティリオンやデナーリスはジョンを責めます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

「嘘ばかりついていたら言葉は意味を失う。この戦の邪魔になるだけだ」と言うジョン。

一つだけ方法があると言い、ティリオンは1人で直接サーセイを話し合いをすることに。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

サーセイとティリオン


ティリオンは城内へ。サーセイの部屋の前でジェイミーと顔を合わせます。

ジェイミーも説得してみたが部屋を追い出されたとのこと。ジェイミーはティリオンを部屋へ通します。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

サーセイは父親のタイウィンを殺したことでミアセラとトメンも失うことになったとティリオンを責めます。謝罪をするティリオン。

「俺を殺せ」とサーセイに迫るティリオンは自らマウンテンの前へ。が、サーセイは殺すことはしませんでした。

そして、ティリオンは会話の中でサーセイが子供を身ごもっていることを知ります。

ドラゴンピット


落胆しているジョンに話しかけるデナーリス。落ちていた小さなドラゴンの骨を見ながらドラゴンの話をします。

デナーリスはドロゴを殺した妖女に「子供を産めない体だと」言われたと伝えますが、ジョンは「当てになる情報源じゃない」と励まします。

ジョンも笑顔を見せたところで、ティリオンが戻ってきます。その後からサーセイたちもやってきます。

サーセイは北へ行き共に戦うことを約束します。そして、戦争が終わったとき無条件で加勢したことを覚えていて欲しいと。

ウィンターフェル


ジョンがデナーリスに忠誠を誓ったことが使い鴉により知らされます。ジョンはいつも私の意見を聞かないとサンサがぼやきます。

リトルフィンガーはジョンがデナーリスと結婚することをも示唆します。組めば強くなると。サンサはアリアが許さないと言います。

アリアの真意について不安を抱いているサンサに、最悪の場合、敵と結婚し家族を裏切った姉を殺すと想像させ脅すリトルフィンガー。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

アリアがサンサに呼び出され、審議が行われます。サンサとブランが前に座り、その前にアリアが1人立たされています。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

罪状は殺しと反逆。アリアが裁かれるのかと思いきや、サンサは弁解をリトルフィンガーに求めます。

驚き言葉を失うリトルフィンガー。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

「理解できない」と言うリトルフィンガーに、サンサは叔母のライサ・アリン殺害の件を持ち出します。

「あなたを守る為だった」と弁解するリトリフィンガーに、ライサに毒を渡しジョン・アリンを殺害したこと、それがラニスターの仕業であるとライサに嘘を書かせスタークとの紛争のきっかけになったこと、サーセイとジョフリーと共謀しネッドを裏切ったこと、様々な罪への弁解をさらに求めます。

「誰も目撃してないし真実を知らない」と言うリトルフィンガーに、「父の首にナイフを。”私を信じるな”と言った」とその場に居た者以外知りえないことをブランが言い出します。驚くリトルフィンガー。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

そして、アリアはブラン殺害未遂に使われたナイフはティリオンのものだと言っていたが、実際はリトルフィンガーのもので、それも嘘だ、と加えます。

全てを暴かれたリトルフィンガーは慌ててサンサの元に駆け寄り言い訳を始めますが、サンサに真意を言い当てられます。

弁解の余地もないと判断したリトルフィンガーは、ヨーン・ロイス公に自分を安全にアイリー城へ連れていくよう命じますが断られます。

リトルフィンガーはサンサの前にひざまずき、とうとう命乞いを始めますが、受け入れられずアリアがナイフでリトルフィンガーの首を切ります。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ドラゴンストーン


ドラゴンストーンへ戻ったジョンとデナーリスたち。今後の戦略会議を行っています。

ドスラク軍は陸路でウィンターフェルへ、穢れなき軍団はホワイトハーバーに送り、王の道でドスラク軍に合流し共にウィンターフェルへ。

ジョラーは陸路だと敵が多い為、デナーリスはドラゴンで空路を取るよう進言します。

ジョンは判断はデナーリスに任せると言いながら、穢れなき軍団と同行した方が北の民の信頼は得られると伝え、デナーリスはそれに従うことに。

ジョンとシオン


シオンは会合の場でジョンが敵に真意を伝えたことを持ち出し、「いつも正しい判断をする。子供の頃からそうだった」とジョンを称え、そして、自分がこれまで間違ったことばかりしてきたことを悔います。

スタークかグレイジョイか、いつも選べない選択に悩まされていたことを打ち明けると、ジョンは「全ては許せないが俺が許せることは許す。選ばなくていい。お前はグレイジョイでもありスタークでもある」と伝える。

ジョンの言葉に胸を打たれるシオン。そして、ヤーラを助けたいという意思を伝えます。それを聞き「話してる場合か?」と答えるジョン。

シオンの決意


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

荷物をまとめドラゴンストーンを後にしようとしているグレイジョイの兵士たちの前にシオンが現れます。

ヤーラを助けるというシオンに「お前は逃げた」と侮辱し応じようとしません。そして、シオンに殴り掛かり2人は殴り合いに。

シオンは何度も倒されますが、何度も起き上がります。そして、とうとう相手をのしてしまいます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

シオンを見直した兵士たちは、シオンと共にヤーラを助け出す決意を固めます。

キングズランディング


北への遠征について話し合うジェイミーとラニスター軍の諸侯たち。そこへサーセイがやってきて2人きりにするよう言います。

サーセイはスタークとターガリエンに協力する気などなく、嘘をついていたことを明かします。奴らが北で死の軍団と戦っている間に領地を取り戻すと。

ジェイミーはサーセイを責め、ラニスターの不利な状況についても説明しますが、全く応じようとしないサーセイ。

ユーロンは鉄諸島に戻ったのではなく、エッソスへ行きアイアンバンクから借りた金で雇った黄金兵団を連れてくると、裏でユーロンと共謀していたことも明かします。

ジェイミーが自分に黙ってユーロンと共謀していたことを責めると、サーセイはティリオンと密会して会合を共謀したことを責めます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

誓ったからには北へ向かうというジェイミーを反逆者扱いするサーセイ。ジェイミーがその場を去ろうとするとマウンテンが立ちふさがります。

サーセイが自分の殺す意思までも持っていることを理解し、ショックを受けその場を去るジェイミー。キングズランディングを出て一人で北へ向かいます。

そして、キングズ・ランディングでも雪が降り始めます。

ジョン出生の真実


シタデル(知識の城)を出たサムがウィンターフェルへやってきます。ブランの部屋を訪れるサム。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ジョンを助ける為にウィンターフェルに来たというサム。ブランはデナーリスとジョンが来たへ向かっていることを伝えます。

そして、ジョン出生の真実を語り始めます。ドーンの塔で生まれ、レイガー・ターガリエンとリアナ・スタークの子であると。

サムはシタデルにあるハイセプトンの日記でレイガーとリアナが秘密儀式で結婚したことを知っていましたが、個人的な日記で誰も知るはずがなく、それをブランが知っていることに驚きます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ブランは三つ目の鴉の力でレイガーとリアナが結婚式を行っている様子を見ていました。

ロバートの反乱は、レイガーがリアナを連れ去り犯したということが原因になっていましたが、ブランはそれも嘘だったことを明かします。2人は愛し合っていたと。

そして、リアナが死に際にネッドに伝えていたジョンの本名はエイゴン・ターガリエンであり、鉄の玉座の後継者であることを明かします。

ジョンとデナーリス


船で北へ移動中のジョンたち。

ジョンはデナーリスの部屋を訪れ、2人はとうとう結ばれます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ティリオンはジョンが部屋を入るところを見ていました。複雑な表情をするティリオン。

北の壁


壁の上から北を見ているトアマンドとべリック。すると壁の目前に死の軍団が現れます。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

さらに死者と化したドラゴンが青い炎を吐きながら現れます。急いで逃げ出すトアマンドたち。





ドラゴンの炎がどんどん壁を壊していきます。壁の陥落に巻き込まれる者も。

そして、東側の壁は完全に崩れ去ってしまいました。続々と壁の南へと侵入してくる死の軍団。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

シーズン7 第7話 感想とまとめ


キングズ・ランディング


大きな戦闘等はなかったものの、非常に見応えのあったエピソードでした。何しろ久しぶりの再会に序盤は興奮しましたね。

ティリオンとブロン、ティリオンとポドリック、ハウンドとブライエニー、サーセイとジョン、ハウンドとマウンテン、などなど、数年ぶりの再会が。

ブロンとポドリック、ティリオンの会話なんかは相変わらず親し気な感じでよかったです。ティリオンに深くかかわった程好かれてますね。

そして、サーセイとデナーリスなんかは初対面だったりしますし、対立する相手も一堂に会すことになりました。

敵意剥き出しで攻撃的なサーセイに対して、落ち着いた対応で温厚なデナーリス。ここでも王としての資質があわらになった気がしましたね。

ジョンはネッドに似て相変わらずバカ正直で。

ネッドは早々に殺されてしまいましたが、結果的に打算的で裏のある人間はどんどん淘汰されてきているようにも思えますね。今回リトルフィンガーもそうであったように。


今回、サーセイがやけに素直に話に応じるなあと思っていましたが、やはり裏がありましたね。ティリオンは一体どんな話をしたのかも気になるところですが。

ジェイミーも捕虜になって以来、随分丸くなったような気もしますが、今回とうとうサーセイと本格的に仲違いしてしまいました。

サーセイが本気でジェイミーを殺す気だったのかはわかりませんが、あのときのジェイミーの寂しそうな表情が印象的でした。

リトルフィンガー


メインキャストが全く死ななかった今シーズン。最終話ではさすがに誰かが死ぬしかないだろうと思ってましたが、まさかのリトルフィンガー。

裁判のシーンでも普通にアリアが裁かれるのかと思ってヒヤヒヤしていたので、かなり意表を突かれました。

まあこれは悲しくもなんともなく「ざまあみろ」としか思わない感じですね。結局何がしたいのかよくわからない男でしたが、本当に単純に”混沌”を楽しんでいたのかもしれません。

サンサをキングズ・ランディングから逃がしたことと、落とし子の戦いに加勢したときだけはナイスでしたが、それ以外はただのクソ野郎でした。

しかし、最終話という意味ではリトルフィンガーの死ではちょっと物足りない感じもあります。

ジョン出生の秘密


公式に発表されている情報ではありましたが、ドラマ内では明かされておらず知らない人も多かったでしょうし、今回ここが一番盛り上がる部分だったのかもしれません。どちらかというと知らずに、今回「ええーっ!」て言いたかったですね。

死に際のリアナがネッドに伝えた言葉はシーズン6時点ではわかりませんでしたが、名前だったんですね。

エイゴンとは。征服王のエイゴン一世と同じ名前ってことですかね。鉄の玉座の後継者にはエイゴンとつけられるってことですかね。そのへんいまいちわかりませんが。

そして、叔母と甥なのに結ばれちゃったデナーリスとジョンですが、ターガリエン家は家族同士が結婚したりするのは普通みたいなので、そういう意味では全く問題なしってことですね。

シーズン8でこれを知ったときのジョンとデナーリスの反応が楽しみです。

まあ、となると最終的に鉄の玉座につくのはジョンということでしょうか。北の王はアリアとか?

ネッドは死ぬまで隠し通していたわけですが、こんなこととても言えないですよね。ロバートの手前っていうのもあったんでしょうし、知られたらジョンは生きてなかったかもしれないですし。

死の軍団


そして、最後圧巻だったのが死者となったドラゴン。ドラゴンの背中に乗る夜の王はなんだかちょっと滑稽にも見えましたが、あの破壊力たるや。

壁は単純な氷でなく、古の魔法が基になっているから死者は超えられないと言っていたベンジェンおじさん。

死の軍団も壁越えは結構苦労するんだろうなーと思っていたらドラゴンの炎であっさり崩れ去ってしまいました。

「おいおい、それは反則だろ…」と空いた口が塞がりませんでしたよ。


ゲームオブスローンズ シーズン7 第7話

ジョンたちの到着前に死の軍団がやってきてしまいました。カースル・ブラックは即死ですね…。ウィンターフェルは一体どうなってしまうのか。

そもそもドラゴンまで仲間になってしまった死の軍団に一体どうやって勝つことができるんでしょうか。とても勝てる気がしません。サーセイどころではありません。

シーズン8の展開が全く読めないところでシーズン7が終わりましたが、終わってみるとやはり7話というのは短すぎて、展開も結構急だった気がしますね。

期待しすぎなので若干物足りなかった感もあるっちゃありますが、大いに興奮させてもらいました。なんだかんだ過去最高のシーズンだったように思われます。

シーズン8は2019年になるなんて話もあるので、確実に1年は待たされそうです。始まってもまた7話構成なので、2か月程度であっと言う間に終わってしまいますし。つらすぎます…。

最後に第7話の解説動画を。


シーズン7 まとめ

第1話『ドラゴンストーン』
第2話『嵐の申し子』
第3話『女王の正義』
第4話『戦利品』
第5話『東の物見城』
第6話『"壁"の向こう』
第7話『ドラゴンと狼』

【最新】シーズン8の全話まとめ

ゲームオブスローンズ シーズン8最終章 全話まとめ 動画無料視聴方法

2019.06.09

今すぐ【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン1~8の動画を無料視聴するには




【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン1~7(字幕・吹替)、シーズン8(字幕)の動画は"Amazonプライムビデオ"で無料視聴できます。

⇒ ⇒ Amazonプライムビデオでゲームオブスローンズを無料視聴する

シーズン1~8の動画を無料で見る方法を詳しくまとめました。

⇒ シーズン1~8の動画を無料視聴する方法

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-7475950933751910"
data-ad-slot="9355919340">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です